2011/06/30

J is for JOSEPH

JOSEPH


I love these collection by Joseph. Hands-down. Layering and pattern mixing is a-m-a-z-i-n-g! I like the 90s' grunge mood here, but not over the top, and don't feel like faking it. She is a girl who mixed her punk classmate's influence and borrowing some pieces by mom. Pattern mixing is easier when you play in the same tone. And I also like the many gradient blue-navy hues. And Socks (again). So good, it's like a text book for what I want to wear. 


---------------------------


ジョセフのコレクションがものすごいことになっている!レイヤー、プリントミックスが本当に上手にスタイリングをいきいきさせている。表面だけさらったグランジムードにはうんざりだけど、このコレクションはフェイクにはなっておらず、クリーンだけど嫌味な清潔さはない。友達からパンクの影響を受けて、おかあさんからこっそり洋服を借りて合わせたような感じがいい。同じトーン内で合わせると、ミックスとレイヤーはよりまとまって見える。プリントの密度で濃度がきまるブルーのヴァリエーションもすばらしい。今自分がまさに気分のスタイルの、教科書みたいだ。

2011/06/29

DO / DON'T 2nd Edition


Do and Don'tの第二弾。90パーセント本気。10パーセントジョーク。つまるところ誰が何着ても構わないし、私が何を嫌いでも誰も気にしないということを前提でやってみます。


DON'T


カフタン/もともとはリゾート用のカバーアップだけど、街にはどうも似合わないので苦手。得にこれに大きなイヤリングを合わせているとアウト。だいたいこういう人はヴィトンのバッグを持っている。


ドルマンスリーブ/これを見るとどうしてもカルダシアンファミリーしか思い浮かばない。実際カルダシアンズが何を着てるかも知らないけど。成金で、派手なものが好きそう。(文章にするとものすごい偏見だ)


ベロアのセットアップ/世界から抹消してほしい。もう消えてるとお思いでしょうが、アメリカではちょっと地方に行くとまだみんなこれ。いくら楽でも、頼むからやめてほしい。特に刺繍やキラキラのついたやつ、、、家に居て誰も見てなくても絶対に着たくない。


ジャージ素材のマキシドレス/マキシドレスは大好きだけど、ジャージでこの形は体が拒絶する。理由はたぶんドルマンスリーブとおなじ。


ベビードールワンピース/2007年はもう終わりました。




DOs


靴下/今年はくるぶしソックス、折り返しソックスをはきたい。メリージェーンやローファー、オックスフォードにあわせて。


スナップバックキャップ/いい写真がなかった。ニューヨークヤンキースの、ヴィンテージで色あせたキャップがほしい。


蜂の巣セーター/訳すと変な名前だけど、はちの巣みたいなな編み目になったざっくりセーター。かぶるタイプのセーターにわけもなく目がいってしまう。シンプルな形で、首がつまっているものが好き。


カラーブロッキング/トレンドだけど、終わっても続けたいくらい好き。やればやるほどかわいくなるという無限大の可能性がいい。


古くさいくつ/ストラップのメリージェーンとペニーローファーを集めたいです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Here is another edition of Do and Don't. 90% serious, 10% joke. Don't take it personal, I don't care what you wear, and people don't care what I hate anyway. 


DON'T
-Kaftan / I always have a problem with these weird shape Kaftans. I especially have serious problem when people combine it with big earring. 


-Dolman Sleeve / To me, it's so Kardashians, even though I have no idea what they wear in these days.


-Velvet Tracksuits / OK, people think it's disappeared, but majority of people still love it. I really think it should be banned. Especially with embroidery or glitter, any kinds of details. My whole body rejects in full power when I see these suits. 


-Jersey Maxi Dress / I love maxi dress, but I don't like it jersey and particulery this shape. 


- Baby Doll Silhouette / Very 2007. I weave my hands. 




DOs


- Socks / Ankle socks, midi socks, and fold over socks with oxford, penny loafer, and maryjanes! 


-Snapback Cap / I could not have the luck to find perfect picture, but vintage snapback caps are in. I want faded one with classic Yankees. 


-Honeycomb Pullover Sweater / I have some crazy affection for pullover sweaters with simple shape and round neck. 


-Varsity Jacket / No initial patches, just minimal lines... I like it black or navy. Givenchy Men's made the perfect one. (Not one in the picture) 


- Crazy Color Blocking / Lovely! There is no rule, this is "more is more" thing.  


- Maryjanes and Oxford / I would like to wear them with socks in this fall and winter. 

2011/06/23

HOMEGIRLS


It might turn out to be a bit surprise for you, but I have a true love and respect for Chicano culture. Mi Vida Loca(1993) was introduced by the boy that I used to date, after I watched American Me and Blood In Blood Out for hundreds of times each. Movie itself is not five stars, but the girls in the movie has full of vivid life and characters, which I found very impressed. The style they attire is always attract me, they are so unique. I would not call them "fashionable" or "stylish", but their particular tastes are something that I could learn from. Stacks of gold jewelries, crispy white T-shirts/ wifebeater, or ironed Dickies and Nike Coltez, and most necessarily, big attitude and strong prides! I don't date with that boy anymore, but he used to call me Sad Girl, and I liked it very much.


--------------------------------------------------




チカーノカルチャー(メキシカン)に対していつも大きな敬意を払っている。 Mi Vida Loca(1993) は数年前、American Me と Blood In Blood Outをすり切れるほど見たあと、当時いつも一緒に遊んでた男の子が教えてくれた。映画自体はとても五つ星とは言えないけど、出てくる女の子たちみんなの個性が大好きになって、いろんな人生をつむいで、寄り添うように生きてる姿がいい。そこに出てくる女の子たちは、ファッショナブルやスタイリッシュとはとても呼べないけど、こだわり抜かれた独特のセンスは目を見張るものがある。ゴールドのジュエリーをまぶしいくらいに光らせて、真新しい白いTシャツとタンクトップ。アイロンがきれいにかかったディッキーズをはいて、足下にはいつもコルテッツやオールスター、ジグザグ。ネルを羽織ったら戦闘服は準備万端、あとは気合いとプライドで着こなす。トレンドやメディアとかけはなれた所で存在し、生活とカルチャーに密着したスタイルを、とてもかっこいいなと思う。私はもうその男の子とは会っていないけど、彼は当時私をSad Girlと呼んでいたことを、なんとなく思い出した。

2011/06/16

J.W Anderson


Here comes the young money, J.W Anderson... I like the youthful and rebellious vibe in entire collection with a bit polish of tailoring and mixed patterns. Styling is also well done. Look forward his future... 
------------------------------------------
ロンドンの若手代表、J.W Andersonのコレクションがすばらしく良い。青々しく反骨精神みなぎるムードに、テイラリングとパターンで磨きをかけたルックは今まさに身にまといたいルックそのもの。スタイリングもいいです。将来が楽しみなデザイナーだな。

2011/06/09

bambi in a dream





この写真を見ているだけで、その場所につれていってくれる気がする。まっすぐで心が痛いくらいに、木々の中で落ちていく夕日の陰や、車の窓を開けて感じる風、潮でからまった髪の毛、花のむせるような匂いが、そこにいたみたいに、じんじんと響く。こういう純度の高いものに久しぶりに出会った。

Bambi in Muse Magazine


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

These images take me the places in the pictures only by looking at it. This is very honest creation and beyond the fashion. I can feel the sunset between the woods, breeze from the car window, the beachy hair twining around in the face, blazing scent of flourished flowers. Not imagine it, I actually really feel it as if I'm there. It touched my heart straight and directly. I have not seen something pure like this for a long time. 

2011/06/08

MACSIOTTI

givenchy 08






Jil Sander Navy SS11



Malo 08





boiler mag




Macs Iotti's works are really great. Minimal designs. Bold calligraphy. Relevant Spaces. But capture the audience strategically. I don't have any knowledge about branding, but when he takes his hands on, it turns in to something fresh and sophisticated. If you have brand and not successful, I think there is a lot of things you can learn from. Or even ask him to take care if you can afford. I happened to know him from Grazia.com, which is one of my most favorite websites I visit daily even though I have no idea what the Italian language written there. (I obviously like the big wide images online!) 

-----------------------------

Macs Iottiが手がける作品はとてもいい。これこそが優良なデザインと言える。大胆なカリグラフィー。スペース。ミニマル。でも、オーディエンスを確実にとらえるほどの強い戦力が背後にある。ブランドのマーケティングに関しては知識が全くないけど、彼の手にかかるとちょっと古くて廃れてたものすら新鮮で洗練される。ブランドやプロダクトが成功しないことで悩んでたら、彼の作品から学べることはたくさんありそうだ。彼がディレクションをするGrazia.comはイタリア語がさっぱりとんちんかんでも、見ているだけで楽しい、毎日チェックするウェブサイトのひとつ。