2011/04/30

Cold As Ice







この写真から感じ取れるものは、怖いくらいの静寂だ。氷山を撮るCamille Seamanのフィルターは、挑むようにも見えて、穏やかな心を映しているようにも見える。ひとつずつ確かに異なる表面の模様や、堂々とそびえ立つ形や、次の日には崩れてしまうかもしれない刹那や、崩れるときの破壊力には、命をおびやかす自然の、底知れない険しさがある。ただ、そこにあるだけで完璧な姿なのだ。日本での地震の影響もあり、自然について考えることが多くなった。これを美しいと感じるかは人それぞれだけど、グレーとブルーの限りないスケールに、ただ言葉がでないで、見とれてしまう。これが恐怖なのか、感動なのか、まだわからない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
All I feel when I looked these images is just complete silence. Camille Seaman (what a last name) is a photographer, who's been taking photographs of icebergs. This silence I feel in her work is almost freaks me out. It is definitely not peaceful or calm kind of silence. The each different patterns of surfaces, dignity, fragility, life-threatening-ness, power of destruction... it is just perfect as it is. Maybe that's why it scares me out?  Mostly because of the earthquake in Japan, I've been thinking about what nature does to us a lot lately. It's up to you if you take these images as beauty, but I'm just speechless and cannot take my eyes off of unlimited blue and gray scales of nature production. I am not sure if it's the fear or attraction. 

0 件のコメント:

コメントを投稿