2011/08/18

after school









see? it's all about socks... Gisele is chameleon, she can be whatever if you ask for it. 

--------------------------

やっぱしこの秋はソックス使いです。ジゼルは本当に何にでもなれるなぁ!

2011/07/15

can I ? : Miroslava Duma



OK, I've been aware of this adorable baby-face miniature lady many years ago, but this is too cute! Miroslava Duma is revealing her daily ( who dress that well in daily basis?) wardrobes, and she is just so pretty. I wish I own her mini-dress galore, crazy shoe collection, and tiny little faces... Most editors in the world have model-like bodies, but she knows what she good on her short body! 


--------------------------


Miroslava Dumaはファッションショーの時期になるといつもスナップされていて前から可愛いなぁとは思っていたけど、このポストは、、、キュートすぎます。毎日のワードローブを公開してるんですが、ミニドレスやシューズコレクション、自分の体とキャラをよく理解して似合うものがわかっている。似合うものと好きなものが一緒なのは最高の幸せだ。

2011/07/12

controversy


I have two women inside of me. It's been like that in all of my life. One is dreaming about the women in chiffon dress with stiletto, long hear and perfume, and whenever I stepped out of the car, the edge of the skirt floats in the breeze. On the other side of the brain, I wear the damaged sweater shirts, sweaty denim shorts and beaten converse or vans, and walk like don't give a shit for anything. It's hard to live with bipolar, but it's been a fun ride at the same time. For now, I am in the right side... In the 5 years later, I might be on the left side, with Christopher Kane dress with Louboutin heels. Hopefully I can cross the line easily back and forth whenever I feel like it. 

-----------------------------------------

自分の中には、二人の女が存在する。一人は、シフォンドレスに高いヒールでさっそうと車からおりて、歩くたびにスカートの裾がひらひらと揺れて、上品な香水をさらっとにおわせながら颯爽と歩くひと。そして片方では、着古されたスウェットにぼろぼろのデニムとコンバース、そして誰にもおかまいなしでガムを噛みながら歩くひと。二人の女性を内面に持つものは簡単じゃないけど、楽しい。今はきっと右側の女の子だけど、数年したら左の女性みたいに、クリストファーケーンのワンピースにルブタンのヒールを合わせるような、こっちがわに生きているかもしれない。いつでも気分次第で、簡単にそのボーダーラインをまたげるようになればいいな。

2011/06/30

J is for JOSEPH

JOSEPH


I love these collection by Joseph. Hands-down. Layering and pattern mixing is a-m-a-z-i-n-g! I like the 90s' grunge mood here, but not over the top, and don't feel like faking it. She is a girl who mixed her punk classmate's influence and borrowing some pieces by mom. Pattern mixing is easier when you play in the same tone. And I also like the many gradient blue-navy hues. And Socks (again). So good, it's like a text book for what I want to wear. 


---------------------------


ジョセフのコレクションがものすごいことになっている!レイヤー、プリントミックスが本当に上手にスタイリングをいきいきさせている。表面だけさらったグランジムードにはうんざりだけど、このコレクションはフェイクにはなっておらず、クリーンだけど嫌味な清潔さはない。友達からパンクの影響を受けて、おかあさんからこっそり洋服を借りて合わせたような感じがいい。同じトーン内で合わせると、ミックスとレイヤーはよりまとまって見える。プリントの密度で濃度がきまるブルーのヴァリエーションもすばらしい。今自分がまさに気分のスタイルの、教科書みたいだ。

2011/06/29

DO / DON'T 2nd Edition


Do and Don'tの第二弾。90パーセント本気。10パーセントジョーク。つまるところ誰が何着ても構わないし、私が何を嫌いでも誰も気にしないということを前提でやってみます。


DON'T


カフタン/もともとはリゾート用のカバーアップだけど、街にはどうも似合わないので苦手。得にこれに大きなイヤリングを合わせているとアウト。だいたいこういう人はヴィトンのバッグを持っている。


ドルマンスリーブ/これを見るとどうしてもカルダシアンファミリーしか思い浮かばない。実際カルダシアンズが何を着てるかも知らないけど。成金で、派手なものが好きそう。(文章にするとものすごい偏見だ)


ベロアのセットアップ/世界から抹消してほしい。もう消えてるとお思いでしょうが、アメリカではちょっと地方に行くとまだみんなこれ。いくら楽でも、頼むからやめてほしい。特に刺繍やキラキラのついたやつ、、、家に居て誰も見てなくても絶対に着たくない。


ジャージ素材のマキシドレス/マキシドレスは大好きだけど、ジャージでこの形は体が拒絶する。理由はたぶんドルマンスリーブとおなじ。


ベビードールワンピース/2007年はもう終わりました。




DOs


靴下/今年はくるぶしソックス、折り返しソックスをはきたい。メリージェーンやローファー、オックスフォードにあわせて。


スナップバックキャップ/いい写真がなかった。ニューヨークヤンキースの、ヴィンテージで色あせたキャップがほしい。


蜂の巣セーター/訳すと変な名前だけど、はちの巣みたいなな編み目になったざっくりセーター。かぶるタイプのセーターにわけもなく目がいってしまう。シンプルな形で、首がつまっているものが好き。


カラーブロッキング/トレンドだけど、終わっても続けたいくらい好き。やればやるほどかわいくなるという無限大の可能性がいい。


古くさいくつ/ストラップのメリージェーンとペニーローファーを集めたいです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Here is another edition of Do and Don't. 90% serious, 10% joke. Don't take it personal, I don't care what you wear, and people don't care what I hate anyway. 


DON'T
-Kaftan / I always have a problem with these weird shape Kaftans. I especially have serious problem when people combine it with big earring. 


-Dolman Sleeve / To me, it's so Kardashians, even though I have no idea what they wear in these days.


-Velvet Tracksuits / OK, people think it's disappeared, but majority of people still love it. I really think it should be banned. Especially with embroidery or glitter, any kinds of details. My whole body rejects in full power when I see these suits. 


-Jersey Maxi Dress / I love maxi dress, but I don't like it jersey and particulery this shape. 


- Baby Doll Silhouette / Very 2007. I weave my hands. 




DOs


- Socks / Ankle socks, midi socks, and fold over socks with oxford, penny loafer, and maryjanes! 


-Snapback Cap / I could not have the luck to find perfect picture, but vintage snapback caps are in. I want faded one with classic Yankees. 


-Honeycomb Pullover Sweater / I have some crazy affection for pullover sweaters with simple shape and round neck. 


-Varsity Jacket / No initial patches, just minimal lines... I like it black or navy. Givenchy Men's made the perfect one. (Not one in the picture) 


- Crazy Color Blocking / Lovely! There is no rule, this is "more is more" thing.  


- Maryjanes and Oxford / I would like to wear them with socks in this fall and winter. 

2011/06/23

HOMEGIRLS


It might turn out to be a bit surprise for you, but I have a true love and respect for Chicano culture. Mi Vida Loca(1993) was introduced by the boy that I used to date, after I watched American Me and Blood In Blood Out for hundreds of times each. Movie itself is not five stars, but the girls in the movie has full of vivid life and characters, which I found very impressed. The style they attire is always attract me, they are so unique. I would not call them "fashionable" or "stylish", but their particular tastes are something that I could learn from. Stacks of gold jewelries, crispy white T-shirts/ wifebeater, or ironed Dickies and Nike Coltez, and most necessarily, big attitude and strong prides! I don't date with that boy anymore, but he used to call me Sad Girl, and I liked it very much.


--------------------------------------------------




チカーノカルチャー(メキシカン)に対していつも大きな敬意を払っている。 Mi Vida Loca(1993) は数年前、American Me と Blood In Blood Outをすり切れるほど見たあと、当時いつも一緒に遊んでた男の子が教えてくれた。映画自体はとても五つ星とは言えないけど、出てくる女の子たちみんなの個性が大好きになって、いろんな人生をつむいで、寄り添うように生きてる姿がいい。そこに出てくる女の子たちは、ファッショナブルやスタイリッシュとはとても呼べないけど、こだわり抜かれた独特のセンスは目を見張るものがある。ゴールドのジュエリーをまぶしいくらいに光らせて、真新しい白いTシャツとタンクトップ。アイロンがきれいにかかったディッキーズをはいて、足下にはいつもコルテッツやオールスター、ジグザグ。ネルを羽織ったら戦闘服は準備万端、あとは気合いとプライドで着こなす。トレンドやメディアとかけはなれた所で存在し、生活とカルチャーに密着したスタイルを、とてもかっこいいなと思う。私はもうその男の子とは会っていないけど、彼は当時私をSad Girlと呼んでいたことを、なんとなく思い出した。

2011/06/16

J.W Anderson


Here comes the young money, J.W Anderson... I like the youthful and rebellious vibe in entire collection with a bit polish of tailoring and mixed patterns. Styling is also well done. Look forward his future... 
------------------------------------------
ロンドンの若手代表、J.W Andersonのコレクションがすばらしく良い。青々しく反骨精神みなぎるムードに、テイラリングとパターンで磨きをかけたルックは今まさに身にまといたいルックそのもの。スタイリングもいいです。将来が楽しみなデザイナーだな。

2011/06/09

bambi in a dream





この写真を見ているだけで、その場所につれていってくれる気がする。まっすぐで心が痛いくらいに、木々の中で落ちていく夕日の陰や、車の窓を開けて感じる風、潮でからまった髪の毛、花のむせるような匂いが、そこにいたみたいに、じんじんと響く。こういう純度の高いものに久しぶりに出会った。

Bambi in Muse Magazine


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

These images take me the places in the pictures only by looking at it. This is very honest creation and beyond the fashion. I can feel the sunset between the woods, breeze from the car window, the beachy hair twining around in the face, blazing scent of flourished flowers. Not imagine it, I actually really feel it as if I'm there. It touched my heart straight and directly. I have not seen something pure like this for a long time. 

2011/06/08

MACSIOTTI

givenchy 08






Jil Sander Navy SS11



Malo 08





boiler mag




Macs Iotti's works are really great. Minimal designs. Bold calligraphy. Relevant Spaces. But capture the audience strategically. I don't have any knowledge about branding, but when he takes his hands on, it turns in to something fresh and sophisticated. If you have brand and not successful, I think there is a lot of things you can learn from. Or even ask him to take care if you can afford. I happened to know him from Grazia.com, which is one of my most favorite websites I visit daily even though I have no idea what the Italian language written there. (I obviously like the big wide images online!) 

-----------------------------

Macs Iottiが手がける作品はとてもいい。これこそが優良なデザインと言える。大胆なカリグラフィー。スペース。ミニマル。でも、オーディエンスを確実にとらえるほどの強い戦力が背後にある。ブランドのマーケティングに関しては知識が全くないけど、彼の手にかかるとちょっと古くて廃れてたものすら新鮮で洗練される。ブランドやプロダクトが成功しないことで悩んでたら、彼の作品から学べることはたくさんありそうだ。彼がディレクションをするGrazia.comはイタリア語がさっぱりとんちんかんでも、見ているだけで楽しい、毎日チェックするウェブサイトのひとつ。

2011/05/24

Timo Niskanen





I found out recently that I am attracted table lamps and generally lightings, all the time. Timo Niskanen designed this coin deposit lamp. This is super simply yet concept is very interesting. Just worried if the coin get lost in my messy room. But I am interested.


----------------------------------------


ここ最近、自分がテーブルランプが好きだということに気がついた。というよりも、照明全般が好きだ。Timo Niskanen がデザインしたコインをいれてスイッチが入るというユニークなコンセプトと、無駄を削ぎ落としたシンプルさがよい。でも、コインをなくしちゃったら厄介だなぁ。代用がきくといいんだけど。

2011/05/13

would you?


Seems like the big glamorous hairs are coming back slightly? Would you rock these spray molded big head or does it only make sense in editorial? I would not probably, since I don't dress such glamorously in my daily life.  But it's just interesting and refreshing to looks something opposite of the minimalism trend. I assume it's a bid challenging to Japanese people to look cool in this hair without look like a night hostess. By the way, the answer of the last post is H&M! Don't you love it? I do...

--------------------------------

グラマラスなビッグヘアがちょっとだけ戻ってきてるもよう。あなたはスプレーガチガチのビッグヘアをトライする派?それともエディトリアルの中で成り立ってるだけ?すっごくかわいいとは思いますがちょっと自分のかんじとはかけ離れていて非現実的すぎるので私はしませ〜ん。いつでも、トレンドに反する小さな波があるのが面白いなぁと思う。ミニマリズムと反するように立ち上がる、ビッグヘアの女たち。日本人の女の子は、水商売っぽくならないようにするのがちょっと難しそうかもね。ちなみに前回のポストの答えはH&Mでした〜ビックリした?かわいいですよね。

2011/05/11

guess who?


I just want you to guess. Try really hard. Who's making these clothing? Karlie Kross looks adorable here with dark re lips... I love the styling as well. The volume is well controlled and making the interesting visual effect. 

-----------------------

このデザイナーって誰だと思います?頑張って考えてみてほしいです。答えを聞いたらビックリするかも。カーリークロスも、ダークレッドとスーパーストレートでかわいいです。ヴォリュームで強弱をつけたスタイリングもいい。さあ、誰かな、誰かな?

2011/05/06

Me Today pt.2


本日はオープニングセレモニーのモップカーディガンに、インナーはH&Mのずーっと昔にかったボーダートップです。このカーディガン着るの2回目くらいなんですが、洞窟に住んでいる原始人みたいな気分になる。そして意外に何でも合う。夏素材でこれからもっと活用できそうなので気に入った。最近は、気に入ってるけどあまり日の目を浴びていないかわいそうな洋服たちを意図的に着るようにしている。そうすると、新しい発見がたくさんあって楽しい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Today I am wearing Opening Ceremony cardigan. It corrects the dust like a sweeper, and also look like a caveman. Although these details, I found that it can go with many thing, so I might wear it a lot more from now on. Underneath, I am wearing H&M stripe top that I got age ago. I am trying to wear things that forgotten for a while. It's fun because it feels like whole new discovery even it's not excatly. 

2011/05/05

spaces







自分が暮らすスペースは本当に大切だなと最近つくづく思う。ちょっとだけ大きい場所に引っ越したいというのが切なる願い。そうすれば、本もレコードも洋服も自分も呼吸ができて、ひとつひとつとの関係性をもっと深く大切にできるのに。箱から出したばっかりみたいな新しくてクリーンなものには昔からひかれない。そういうものばかりに囲まれると、とても息苦しくなってしまう。だから、新しいものの中に上手に古びれたり使いまわされたものを入れるのが好きだ。

------------------------------------------------------------------

When you are young, you don't really care about home. Home is where you sleep, where your stuff storage and where you eat. Now, I am old enough to care more about space I live. I wanna live bigger space so that my records, books and closets are breathe the air in, and I feel like can attach to them more personally. Clean space with all new like furniture and objects just freaks me out ever since I was a kid. I like dusty old things mixed well with new thing. like 70% / 30%. 

2011/05/03

without no money it’s still a wish


少し前に作った欲しいものリスト。RAKIMのように、まさにタイトルが実現しないむなしさを物語っている。もしラッキーだったら、この中からひとつぐらいは自分のものになるかな。なるといいな。左上から時計回りに:Miu Miu Neon Shoulder Bag, Cacharel Sunglasses, Tom Bins Necklaces, Cacharal Print Dress, Carvan Skirt, Givenchy Bracelet, Yves Saint Lauren Woven Platform Sandals. 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




this is the wish list that I made while ago.... As Rakim spoke, title says it all, no? If I'm lucky, I can get hands on maybe one thing. I hope. I really do. 
Clockwise from the left top: Miu Miu Neon Shoulder Bag, Cacharel Sunglasses, Tom Bins Necklaces, Cacharal Print Dress, Carvan Skirt, Givenchy Bracelet, Yves Saint Lauren Woven Platform Sandals. 

2011/04/30

Cold As Ice







この写真から感じ取れるものは、怖いくらいの静寂だ。氷山を撮るCamille Seamanのフィルターは、挑むようにも見えて、穏やかな心を映しているようにも見える。ひとつずつ確かに異なる表面の模様や、堂々とそびえ立つ形や、次の日には崩れてしまうかもしれない刹那や、崩れるときの破壊力には、命をおびやかす自然の、底知れない険しさがある。ただ、そこにあるだけで完璧な姿なのだ。日本での地震の影響もあり、自然について考えることが多くなった。これを美しいと感じるかは人それぞれだけど、グレーとブルーの限りないスケールに、ただ言葉がでないで、見とれてしまう。これが恐怖なのか、感動なのか、まだわからない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
All I feel when I looked these images is just complete silence. Camille Seaman (what a last name) is a photographer, who's been taking photographs of icebergs. This silence I feel in her work is almost freaks me out. It is definitely not peaceful or calm kind of silence. The each different patterns of surfaces, dignity, fragility, life-threatening-ness, power of destruction... it is just perfect as it is. Maybe that's why it scares me out?  Mostly because of the earthquake in Japan, I've been thinking about what nature does to us a lot lately. It's up to you if you take these images as beauty, but I'm just speechless and cannot take my eyes off of unlimited blue and gray scales of nature production. I am not sure if it's the fear or attraction. 

2011/04/22

Christian Wijnants




ブリュッセル出身のChristian Wijnantsのデザインは一目見てすぐに好きになってしまった。美しく流れるドレープや建設的なシルエットは、上品でミニマルなのにすごく斬新だ。今期のルックブックは、スタイリングもすばらしく、彼の描くモダンでクリーン、かつ大胆な女性像が見ているほうにきちんと伝わってくる。早送りして見るようなルックブックではなく、ひとつひとつをじっくりと見たくなるようなコレクションだと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Since the first time I saw his design, I felt in love hard. Christina Wijnants sure knows what he is doing. The beautiful draping and constructed silhouette are so clean so fresh yet bold and rad. I love the styling in here. I cannot just browse the collection like as I do for many other brands, but what I do is just take a look each images for a minutes. Amazing.

2011/04/16

Carine Spoke


The SpiegelによるCarine Roitfeldのインタビューはちょっと長いけど読む価値あり。質問の質がいいので、カリーヌの個性をすごくうまく引き出せている。とても地に足がついていて、正直なインタビューだと思った。ファッションの現在や未来をとても現実的に見据えている。そして、ヴォーグのエディターインチーフという最前線で戦ってきた彼女が、鎧を外して、一個人として語っているという印象を受けた。これからまた、彼女新しい武器で戦うのが楽しみだ。なんだか、いいエナジー。英語が読める人は読んでみて下さい。得意じゃないひとも、読みやすいと思います。

------------------------------------------------


The legendary Carine Roitfeld, spoke with The Spiegel. Amazing Interview... She mentioned about the current and future of the fashion, and I found it very honest of her. Seems like she put the guard off and being a person, who worked as a warrior in the front of battlefield. Yet, it does not mean she is stepping down from the frontline. I'm look forward to she what's next weapon she will come back with. As I like to write and read, I now more focus on the questions the interviewer asks. The quality of the questions determine if the interview will be good or not. Great job done! 

2011/04/13

Good Morning Africa


最近は、アフリカンテイストが気になる。今期はアイテムまんまで取り入れるんじゃなくて、プリントやアクセサリーのみで使いたい。シンプルなシャツやセーター等、意外にも組み合わせやすいのがいいところ。花柄とかと違って、キャラに合わない、とかがあまりない気がする。SUNOにも代表されるような、柄はアフリカンでも形が今年っぽいものが色々出てるので、春はカラフルに楽しみたいなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2011/04/09

Tigerlily


Don't you think this A.P.C liberty print is adorable? Hmm... This season's A.P.C is a killa. I want all of the collection in my closet. I always like A.P.C Spring/Summer than Fall/Winter. Jean Touitou is my favorite people in the industry, I like A.P.C because of him. He is a simple guy with brain. Check this interview out. 

-----------------------------------

APCの今期がすごすぎる!特にこのリバティープリントがたまらない。こんなに女の子らしいのに虎がヒョコっと隠れている。A.P.CのJean Touitouがとても好き。この人の作るものなら手に取ってみたい、着てみたいと心から思う、人ありきのブランドだ。毒舌で簡潔だが、いつも的を得ている。

2011/04/08

Mark Mulroney






I like what's Mark Mulroney does. He is simple and fun. I am waiting for his book about his grandma right now.
-------------------------------------

Mark Mulroneyは、やけっぱちでおもしろいから好き。今、彼のおばあちゃんに捧げた本が届くのを待っている。