2010/11/21

destroy and..... rebuilt?





サンフランシスコを拠点に活動するアーティスト、Michael Tompertのフォトプロジェクトは、一目見たときから好きになった。多分個人的に、私がアップルに対して愛と憎悪の関係を持っているからかもしれない。(アメリカ社会の、アップルに対する情熱はいろんな意味で計り知れない。)アップルは好きだし使ってるけど、その製品に対して妄信的になったり信じきってしまうことは嫌いだ。これは何に関してもだけど。このアートの意味や背景も興味深いが、ただ単に、こんなふうにしてアップル製品がひん曲がったり粉々になったり溶けたりする、というのをビジュアルで見ることが楽しい。人には誰でも破壊精神があると思うけど、自分じゃそれをできないからこそ、このアートが強烈にその欲求を引きつけ、同時に心地よくその気持ちを満たしてくれるような気がするのだ。そして何よりも重要な点は、使用された製品すべてが、アップルストアで正式に購入された新品であるということだ。


本人言わく
”これらは絶対に新品じゃなければならない。これは、古いものを壊す、というテーマじゃない。伝えたいのは、自分達と新しいものの関係性だ。”


もったいない、というのは考えないでおこう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


I fell in love with  San Francisco based artist, Michael Tompert's photo project from the first sight. Maybe it's because I have hate / love relationship with apple products. I like apple, I use them, but I don't like people believe and rely too much in those products, because those are just a electric products, which have ability to restore information.  Behind story is interesting and worth to check it out, but no matter any reason, I just enjoyed to look at how all apple-high-technics were bend, smashed and melted. More importantly, these are all brand new purchase from apple retail store. Wow, expensive experiment. It somehow excites and satisfy my inner desire, which every should have, that sometime I just want to destroy something down completely and bring it end. 


" 'they had to be a brand-new product. it's not about destroying old products. it's about our relationship with the new."


------------------------
(photos via Designboom.com)


0 件のコメント:

コメントを投稿