2010/11/29

jil sander








ジル・サンダーは、毎シーズン広告を楽しみにしているデザイナーの一人だ。商品がうつっているものは一つもなかったりするのに、それでもブランドのイメージを鮮明に焼き付けるのがすごい。もっともっと見たいという気持ちにさせるし、この人の創る洋服は、どんなものなんだろう、と知りたくなるストーリーがある。全く下品ではないのに、とんでもない宣伝力を持っている。そしてどの写真も、静寂をとても大切にしていると思う。造形的なフォルム、影のバランスが、見とれてしまうくらい綺麗だ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Jil Sander is one of the designers that I'm always looking forward to see advertisement in every season. They are so genius cause even the image doesn't show any of the products sometime, it makes you wanna see more and more. I love the stillness and silence here.  All pictures are so beautiful and it tell the story by itself. Shapes and lights always do magic so I can stair at it and never get tired of. 


新しい髪型のこととなると、私はとても臆病で保守的だ。いつも切りたいなって思ってるけど、結局前髪さえ切ることができない。今の無難なロングにしてだいぶたつけど、いいかげんいいんじゃないかと思う。


今、してみたい髪型
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


when it comes to change a hairstyle, I am such a pussy. I always think about getting a new hairstyle, but never actually take big step. Even making the bangs scared me. One time, I was wondering if I cut my bangs or not in the salon for almost 30 min, and made stylist really upset.  I had that middi-long hair for a while now, and I think it is OK and safe hairstyle for me,  but just getting boring. Very. 


Here are the random hairstyles that I want to get..



2010/11/26

burn baby, burn





What it feels like (for a girl) / MADONNA




私と同じくらいの世代で日本で育った人は、実際のところマドンナに対してあまり印象がないと思う。今はセレブリティとして名前入りしているけど、日本ではよっぽど好きにならない限り、通らない道だ。名前は知ってても、アルバムを持っているって人も少ないんじゃないだろうか。だから私にとって、高校生くらいのときに見たこのビデオが、はじめてマドンナの作品をきちんと見たものだった。そのときはなんてかっこいいビデオなんだろうと思った。録画して何度も見たけど、昨日ちょっと気になってyoutubeで探したら出て来た。やっぱり数年経っても素晴らしいビデオだと思う。ガイリッチー、さすがの映画仕立てだけど、ストーリーといわれるストーリーは明らかにされないので、破滅的な最後は自分で想像するのが楽しい。音楽は得意な分野ではないけど、映像にはピッタリだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Most of the girls of my age, I would say we don't personally connect with Madonna's music. We are too young to knew whole sensation of her. I knew the names as a little kid, but it was the things of my mom's generation. So, Madonna was introduced me in first time with this music video. I was randomly watching MTV, being a potato couch, ( I think I was in high school), and when this video started, I couldn't take my eyes off from the TV. I though this video was super cool. It' like a movie, but story is unclear, that means you can figure it out. She seems to be a sniper. But I don't need no explanation, just this it is a great job as a music video.

2010/11/25

Anastasia Radevich



ShoeCreamで、カナダのシューデザイナー、Anastasia Radevichの記事を書きました。インタビューも行なっているので、ぜひ読んでください。こちらから 


記事にも書いたのですが、Anastasiaの靴に出会ったとき、大げさではなく、新しい扉が開いたような感じがしました。靴が昔から大好きで、常にトレンドの靴も追いかけていたのですが、今巷に溢れる靴がだんだんかわいいと思えなくなってきた時にAnastasiaの靴を見つけたからかもしれません。彼女の靴を見て、デザインってこんなに自由でいいんだ、という解放感と、徹底したオリジナリティを感じ、これは必ず記事にしなくては!と思ったのです。インタビューを快く受けてくれた本人も、自分の美学に対して本当に忠実で、人柄もビックリするほどスイートでした。その姿勢からますます彼女の創る世界が好きになりました。この靴に対してどう感じるかは人それぞれです。ただ、私は人のアイディアには限界ってないな、って心の底から思ったのでした。だから、想像力に栄養を。そこから、どこへでも行けるから。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


When I first saw her shoes on Luxirare, I was beyond of impressed. It was not like, "Oh, I found another talented designer". I don't know how to explain this. 


Shoes has been always my passion since I could remember. I like to watch shoe trend, what's out there, and what people wear. However, I was so sick and tired of that whole extravaganza-platform shoes fever. Maybe I was not exactly tired of the DESIGN of shoes, but those shoes were symbol of "everybody trying too hard to be someone else" to me. So, not exaggerating, I felt like her design set me free. Since then, I knew I had to write about her. During the interview, I found how loyal she is for her design aesthetics and how sweet she is as a person. I fell in love with the world she creates. 


It's up to you how you feel about her design. It might not be everyday shoes you can put your foot on, or might not be a pair of go-to shoes which will match with any wardrobe. Her shoes can never be "consumed", because it's art. She showed me there is not limit for the imagination. Feed the brain, and we can go anywhere from here. 



久しぶりに、ハッとするほど素敵なケイト・モスを見た。



----------------------------------



I had to post this. I hadn't seen such breathtaking style of her for a while. Not many people can pull that sparkly jumpsuits as she can. She's gorgeous. 

2010/11/24

DOMINGO ALAYA



DOMINGO ALAYA のアクセサリーはとてもかわいい。見ているだけで楽しいし、どのピースにも人を笑顔にする茶目っ気がある。独特のポップなカラーコンビネーションは、彼の出身であるスペインの影響が大きいだろう。よく素材を見ると、靴ひもやパイプ、オモチャの積み木みたいなものまで、なんでもアリで面白い。シンプルなTシャツのそでをロールアップにして、アフリカンのミニスカートとかが合いそう。ジャケットにも合うだろうな。今のところウェブでも展開していないし、購入できるお店はアメリカにもないので、見てるだけだけど、アーかわいい。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


I adore DOMINGO ALAYA' s collection. It just fun to look at and makes people smile.  I think his Spain origin really affects his color combination. I am thinking these will go with simple t-shirts with African printed mini skirt. It will go with jackets, too. 

2010/11/23

do and don't (like who cares?)


あくまでも個人的な趣味、そして半分ジョークなので、真に受けないでください。

DON'T


1, フロッピーハット/なんだか、かぶっている人を見ると自意識過剰ぽくて嫌だ。
2、ベスト/こういうタイプのベストは、どうしてもコスチュームっぽくなるから。
3、レースのレギンス/もともとレギンスは得意じゃないけど、これだけはダメ。どうしてこんなものあるのかがわからない。タイツは全然いいんだけど、薄手のレギンスがわからない。
4、バカげてるほど高いプラットフォーム/こういうタイプの靴はもう飽和状態だと思う。飽きた!よーく後ろにさがって鏡を見て、本当にかわいいと思うか?
5、なんと呼べばいいかわからないパンツ/この手のパンツはモデルじゃない限り、おしりが大きく見えるか、オムツしてるように見える。
6、プリントTシャツ/ジャンクフードのキャラものとか、メッセージがズボーンと表に入ってるのは着たくないと思う。メッセージが自分の的をきちんと得てるものならば全然かっこいいと思う。


DO
これはただ単にトレンドのミニマリズムの影響に踊らされているだけ?そうかもしれないけど、今好きなもの。


1、パンプス/誰が見ても、きれいなもの。
2、かっちりしたバッグ/ちゃらちゃらしたチェーン等がついていない、お母さんのお出かけみたいなバッグ。
3、セーター/カーディガンよりも、セーターの気分。モヘア、ウール、ケーブルやノルディック模様など、色々あって楽しい。いいのを持ってると一発できまる。
4、きちんとした時計/今まで時計って気にしたことなかったけど、最近いいな、と思う。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
It's just my personal preference, and it's part of joke, so no offend please.

DO

oh well, someone might going to say I'm just mind-controlled by minimalist trends. Maybe so, maybe no. I just like them.


1, lady pumps / sophisticated!
2, mini doctor's bag or mama's bag / simple, square, minimal hardware preffered.
3, simple pullover sweater / I'm in the mood of sweater than cardigan. Mohair, wool, cable, nordic, etc.. have fun with materials and patterns.
4, nice watch / I've never cared about watch so far. But I don't mind having rolex on my wrist these days. 

Most things on the list, I don't have to buy anything. I can just start dressing up like these from my closet! 


DON'T

1,floppy hat / I don't know why, but it' just annoys me. I think someone wear this kind of hat have high self esteem.
2, vest / this type of vest look like costume, especially with white blouse.
3, lace leggings / it does not look good to anyone, no matter what. Tights, I get it, but I never get sheer leggings. It's look like ghetto mama.
4, ridiculously high platform / stop, look, and think about it. It just doesn't look right. I'm so over of those type of shoes.
5, undefinable confusing pants / harem pants just make my butt huge. It just confuse me. go away!
6, message t-shirts or character t-shirts / If you think the message really represent you, go for it! otherwise, too cheezy and too Mairy Cirus.

this man





Nick Wooster  (fashion director of Neiman Marcus) 


男性のファッション、得にスーツとなると色々な細かいルールがあるので詳しいことは何も言えないけど、この人のスタイルがとても好きだ。ソリッドで美しくても、不良っぽい、くせのある強いにおいがする。(ちょい悪とかそんなチープなものじゃなくて本当の不良だ。)丈、色使いもお見事だと思う。


----------------


Nick Wooster


I have to admit that I am ignorant for men's fashion, especially for suits since there are too many rules. Even so, I understand Nick Wooster is a bad-ass. His solid, beautiful style are amazing. I like him. 

2010/11/22

take me to the bird land




Kelly Smithは、ファッションイラストの世界に新 しい息吹を吹き込んだパイオニアだと思う。以前は、ファッションのイラストといったらどうしても漫画ちっくになるか、アーティスティックになりすぎるかの両極端しかなかったから。色もタッチも繊細で、ユーモアもあるし、女の子の心をよくわかっているなと思う。女の子が好きな女の子像をガッチリ掴んでるし、好き嫌いのない絵だ。自分でも買いたいけれど、ジャンクばっかりで溢れてる私の部屋とはマッチしないから、今の部屋では絵がかわいそうかなと思う。

(興味のある方は、こちらで購入できます。)

-------------------------------------------


 Kelly Smith is the pioneer who started to bring the life to the world of fashion illustration. Before her, drawing of fashion is tended to be very cartoony or too artistic. I adore her all drawings. The detailed work, touch of color, she knows what girls want. I am glad to get one some day, but my room is kind of old-junk all over the place, so I guess it will not match my room. Hopefully someday..



(dear Kelly, if this post is suspected to be copyright infringement, please let me know, I really love your work and respect you, so I will delete this post as soon as possible)

2010/11/21

destroy and..... rebuilt?





サンフランシスコを拠点に活動するアーティスト、Michael Tompertのフォトプロジェクトは、一目見たときから好きになった。多分個人的に、私がアップルに対して愛と憎悪の関係を持っているからかもしれない。(アメリカ社会の、アップルに対する情熱はいろんな意味で計り知れない。)アップルは好きだし使ってるけど、その製品に対して妄信的になったり信じきってしまうことは嫌いだ。これは何に関してもだけど。このアートの意味や背景も興味深いが、ただ単に、こんなふうにしてアップル製品がひん曲がったり粉々になったり溶けたりする、というのをビジュアルで見ることが楽しい。人には誰でも破壊精神があると思うけど、自分じゃそれをできないからこそ、このアートが強烈にその欲求を引きつけ、同時に心地よくその気持ちを満たしてくれるような気がするのだ。そして何よりも重要な点は、使用された製品すべてが、アップルストアで正式に購入された新品であるということだ。


本人言わく
”これらは絶対に新品じゃなければならない。これは、古いものを壊す、というテーマじゃない。伝えたいのは、自分達と新しいものの関係性だ。”


もったいない、というのは考えないでおこう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


I fell in love with  San Francisco based artist, Michael Tompert's photo project from the first sight. Maybe it's because I have hate / love relationship with apple products. I like apple, I use them, but I don't like people believe and rely too much in those products, because those are just a electric products, which have ability to restore information.  Behind story is interesting and worth to check it out, but no matter any reason, I just enjoyed to look at how all apple-high-technics were bend, smashed and melted. More importantly, these are all brand new purchase from apple retail store. Wow, expensive experiment. It somehow excites and satisfy my inner desire, which every should have, that sometime I just want to destroy something down completely and bring it end. 


" 'they had to be a brand-new product. it's not about destroying old products. it's about our relationship with the new."


------------------------
(photos via Designboom.com)


the kids are alright

キッズを見るのが好きだ。時として、子供達は自分のスタイルに大人より敏感だったりするからだ。ごく限られたお金の中で、アイディアをひねる。その実験的なアプローチは、常識や経験を経てしまうと、なかなかできなかったりする。他人とは違う自分になりたいという欲求が、大人よりとても素直で強いから、彼らからインスピレーションを受けることがとても多い。


-----------------


Kids have always been my inspiration. Sometime, I think they know what's up and what's cool than experienced fashion people. Their eagerness to be different or being someone is stronger and more honest than over 20s'. Their money resources are limited but ideas have no boundary. That's why they are interesting.

(photos via Hanneli, Swagger360, unknown)

2010/11/20

Hider Ackermann for new Chanel ?






Karl Lagarfeld mentioned that he would like to Hider Ackermann to take over CHANEL after his retire. 


KARL: “I have a contract for life so it all depends on who I would like to hand it to. At the moment I’d say Haider Ackermann.” 
HAIDER: "What can one possibly say to such a phrase?! Such a compliment! Honored I feel, how can one not be?! 


Hider Ackermann makes really well constructed couture. I can't really imagine how he handle Chanel in his hand, but it think he will start new era of this great mason if that comes true. 


-----------------------


カールラガーフェルドが、彼の亡き後のCHANELを、Haider Ackermann に引き継ぎたいと言及したよう。


Karl「CHANELとは永久契約を結んでいるから、自分が亡き後のCHANELを誰に手渡すかは私の決断次第だ。現時点では、Hider Ackermannが有力候補かな。」
Haider 「なんて言っていいかわかんないよ!なんて素晴らしい称賛だろう。すごく嬉しい。」


Haider Ackermannはコロンビア出身のデザイナー。複雑なコンストラクションで有名。得にレザーに関しては、他にないユニークな世界感を持っていると思う。彼が表現するCHANELがどんなものになるかは想像し難いけど、もしこれが実現するなら、CHANELにとっても新しい時代の幕開けになりそうだ。



2010/11/14

scent of 90s'


I found this video when just checking YouTube randomly. Don't know why, but I love the all vibes in here. It smells like bitter / sweet teen spirit. Anger to your older generation, first love, friends, fights, straight emotional expression, all the teen chaos are composed and captured. I feel many things that I felt when I was kids in this.  90s' is too close to me to grab as the era yet, because I lived that time in the middle of sensitive adolescence. 

----------------------------------

私にとって、90年代は、敏感で繊細な少女時代のまっただ中だったから、客観的にひとつの時代として見つめることが、まだできない。この短い数分の中に漂う90年代の香りが何とも言えず好きだ。10代の、向こう見ずなかんじや、苦くて甘い雰囲気がすごくよく出ている。ファッションもいい。そして、夏のビーチサイドだというのもいい。ぜひ、本編のドキュメンタリーも見たいと思う。

2010/11/13

Chris Benz





Chris Benz sure makes nice clothes. I love his refreshing color and delicate silhouette. But I didn't understand why Century21 place his discounted collection to 50s' over madam section, next to LAUREN by Ralph Lauren. And last not least, he is very handsome too.


-----------------------------------


Chris Benz のつくる洋服は好きだ。発色がとてもきれいだし、シルエットもデリケートでいい。でも、Century21には、なぜかミセスコーナーのLAUREN by Ralph Laurenの隣に配置されている。彼のデザインにおいて何が最も重要かといえば、Chris Benzはとてつもなくハンサムだ、ということだ。

2010/11/11

H&M 2011 sneak peek







I am not big fun of this season's collection of H&M so far, I found couple of nice pieces but never purchased any. (because obviously Zara beats H&M this time)  However, it looks they have nice pieces in next coming spring. Especially, I am excited that they will launch home line. As you can see, there are many cute pieces that you wanna keep it at home.  You can check the rest from www.buytheway.se


--------------------------------


今期のH&Mはわたし的に不作だった。いくつかかわいいものもあったけど、結局何も買ってない。今期のファストファッションブランドでは、明らかにZaraがアタリだったからかな。すでに来年春夏のプレビューが紹介されているのですが、気になったのがホームコレクション。一枚の写真しかないけど、期待できそう。。

2010/11/09

who doesn't mind to be uggly for $800?

Actually, I do mind.


From the day one, I never dig UGG. I understand those are comfortable and warm, but can never be "fashionable" as people hope those are. Even Jimmy Choo can't help them how ugly those are. Who will buy those pair for $800?  By the way, I saw some guys wearing UGG in Japan last year, and I thought it's end of the world. 
-----------------------------------------


UGGを初めて見たその日から、何がいいんだかわからない。あったかくてらくちんだとしても、それにJimmy Chooとのコラボだとしても、だ。そのブーツに$800? 去年、日本の男の人でシープスキンを履いているのを見て、「Uggは女の子のものだけじゃない!一度はいたらやめられません」というコメントにぞっとした

J Crew 2011 Spring / Summer




As we have not reached to the pinnacle of winter yet, fashion world concerns the coming spring/ summer 2011 already. Since J-crew is always the master to bring the vivid color palette in your closet, it brings a delight to this grey-ish weather.

-----------------------------------------------------------------------------

まだ冬のピークにも達してないけれど、ファッションの世界はもう来年の春夏の心配で忙しい。そんな中届いたJ.Crewの2011年春夏コレクションは、すでに着たいものでいっぱい。ビビッットなカラーパレットが得意なだけあって、モノトーンのこの季節にフレッシュな喜びをくれる。







hanako